ホーム > サービス紹介 : セキュリティ > S.T.E.P アンチスパム 特長

S.T.E.P アンチスパム 健全なネットワーク活用の妨げになる迷惑メールを、クライアントが受信する前に判定・処理。



当社のホスティングサービスやお客様が独自に運用されているメールサーバと組み合わせお使い頂けるアンチスパムソリューションが『S.T.E.P アンチスパム』です。電子メールはビジネスシーンにおけるコミュニケーションツールとして欠くことのできないものですが、大量の迷惑メールによってその活用が妨げられるケースが顕著になっています。

『S.T.E.P アンチスパム』では、外部からお客様宛に送信されたメールが受信される前に、アンチスパムサーバが自動的にメールをチェックし、迷惑メールと判断※された場合にはご契約内容に応じた処理を実行します。

本サービスは、お客様が普段ご利用になられているクライアントやメールソフトの設定変更などを意識しなくてもお使い頂けます。

※正常なメールであっても迷惑メールと判断される場合がございます。
  また、迷惑メールであっても、迷惑メールとして判断・処理されない場合がございます。

S.T.E.P アンチスパム

迷惑メールの判定から処理までの流れ

本サービスでは、お客様がメールを受信される際に、予め迷惑メールか否かの判定を行います。
その結果、迷惑メールと判定した場合は、ご契約内容に従って処理(識別子を付与または隔離)を行います。


2種類の処理形態

識別子スタンピングサービス

『識別子スタンピングサービス』では、迷惑メールと判定されたメールのヘッダに以下の情報を付加してからお客様へメールを配送致します。
 ・subject / [spam] という語句を付加
なお、送信元許可リスト( ホワイトリスト) および送信元不許可リスト( ブラックリスト) の機能はご利用頂けません。

隔離サービス

『隔離サービス』では、迷惑メールと判定されたメールを隔離システムにて隔離致します。
本メニューでは、予め隔離システムにメールアドレス登録を行うことで、以下の機能をご利用頂けます。
 ・受信メールアドレスへの隔離レポート配信(1 日1 回送信)
 ・隔離メールの閲覧
 ・送信元許可リスト( ホワイトリスト) 機能
 ・送信元不許可リスト( ブラックリスト) 機能
 ・隔離したメールを受信メールアドレスへ配信する機能( リリース機能)


他社のメールサービスをご利用の場合

本サービスは、他社のメールサービスではお使い頂けません。
ご不明の点がございましたら、お手数ですが弊社営業までお問い合わせ下さい。


S.T.E.P アンチスパムに関する
お問い合わせ・ご相談はお気軽に!
お問い合わせ・資料のご請求

  • S.T.E.P SC2
    CPU・メモリ・ディスクなどのリソースをカスタマイズ可能なクラウド・コンピューティングサービス
  • S.T.E.P QSG3
    初期費用10,500円、月額費用5,250円~のサーバホスティングサービス
  • S.T.E.P QuickDNS
    DNSサーバのアウトソースサービス