ホーム > サービス紹介 : セキュリティ > S.T.E.P TimeCarve 接続構成例

S.T.E.P TimeCarve



【Case1】 L2Lサービス接続

S.T.E.P Time Carve 時刻認証サービスとの接続にL2Lサービスをご利用いただくことにより、高度なセキュリティを確保いたします。

  1. タイムスタンプアプリケーション
    ・お客様にてご用意をお願い致します。
  2. TSA局接続用ルータ
    ・TSA局ネットワークに接続していただくためのルータはお客様にてご用意頂きます。
  3. HOTnet L2L網
    ・TSA局との接続に利用する回線です。
  4. TSA局ネットワーク

L2Lサービス接続


【Case2】 C2Cサービス接続

S.T.E.P Time Carve 時刻認証サービスとの接続にC2Cサービスをご利用いただくパターンです。
C2Cサービスの持つ高いセキュリティ機能により、安全に接続していただけます。
お客様が既にご利用のインターネット回線にてご利用いただくことも可能なため、コストパフォーマンスにも優れています。

  1. タイムスタンプアプリケーション
    ・お客様にてご用意をお願い致します。
  2. C2Cアダプタ
    ・TSA局ネットワークに接続していただくためのC2Cアダプタをレンタルにてご提供いたします。
  3. インターネット回線
    ・既存インターネット回線をご利用になる場合は、新たな回線料金は発生しません。
  4. TSA局ネットワーク

C2Cサービス接続


S.T.E.P TimeCarveに関する
お問い合わせ・ご相談はお気軽に!
お問い合わせ・資料のご請求

  • S.T.E.P SC2
    CPU・メモリ・ディスクなどのリソースをカスタマイズ可能なクラウド・コンピューティングサービス
  • S.T.E.P 分散ストレージ
    高いセキュリティ強度と耐障害性を両立させたネットワークストレージ基盤サービス
  • S.T.E.P C2C
    インターネット上に暗号化された独自の仮想空間(C2C空間)を構築し、通信毎の独立性をレイヤという概念で実現するオーバレイネットワークサービス
  • L2L
    信頼性の高いネットワーク構築を可能にする広域イーサネット接続サービス