ホーム > サービス紹介 : セキュリティ > S.T.E.P TimeCarve ケーススタディ

S.T.E.P TimeCarve



知財保護/CAD図面

CADで作成した設計図面にタイムスタンプを付与することにより、知財権利のトラブルに備えておくことができます。

timecarve_casestudy01.png


e-文書法対応/国税関係書類の電子化

2005年に施行されたe-文書法により電子化が認められた文書のうち、国税関係書類の電子化要件としてタイムスタンプの付与が義務付けられています。

timecarve_casestudy02.png


電子カルテ

スキャナで電子化したカルテや、電子カルテシステムから出力したカルテのデータに対し、タイムスタンプを付与することで、カルテの原本性確保や改ざんを防止します。

timecarve_casestudy03.png


電子契約・電子商取引

契約文書を、タイムスタンプを押印した電子データでの運用にすることにより、印紙代や郵送費用の削減が可能となります。
また、書面のやり取りの手間が省け、契約業務の効率化を実現できます。

timecarve_casestudy04.png


S.T.E.P TimeCarveに関する
お問い合わせ・ご相談はお気軽に!
お問い合わせ・資料のご請求

  • S.T.E.P SC2
    CPU・メモリ・ディスクなどのリソースをカスタマイズ可能なクラウド・コンピューティングサービス
  • S.T.E.P 分散ストレージ
    高いセキュリティ強度と耐障害性を両立させたネットワークストレージ基盤サービス
  • S.T.E.P C2C
    インターネット上に暗号化された独自の仮想空間(C2C空間)を構築し、通信毎の独立性をレイヤという概念で実現するオーバレイネットワークサービス
  • L2L
    信頼性の高いネットワーク構築を可能にする広域イーサネット接続サービス