HOTnet

メニュー

札幌データセンター

201791日開業!

SCROLL

  • 都市型地方型
    双方の強みを生かす。

    交通の便がよく、アクセスしやすいことが都市型データセンターのメリットです。
    一方、地方型データセンターは土地コストが安く、セキュリティ面での堅牢性も実現しやすいメリットがあります。
    更に、首都圏で見られるような電源不足といった心配もなく、大規模災害発生を想定した同時被災リスクを低減することも可能です。
    S.T.E.P札幌データセンターは、この両方のメリットを併せ持っています。

    MORE

    地図

  • 災害に遭う
    リスクが低いというメリット。

    札幌市が今後30年間に震度6弱の地震に見舞われる可能性は0.1~3%で、台風の接近も平年値で1.8回と、全国的にみても極めて低い数値です。自然災害の被害を受ける可能性が非常に低い立地でもあります。
    建屋自体も不測の事態に備えた免震構造や消火設備、自家発電装置などを完備し、万が一の災害時に備えています。

    MORE
  • 様々なネットワークや
    クラウドサービスとの連携

    S.T.E.P札幌データセンターは、単なるハウジングサービスを提供するだけにとどまりません。
    通信事業者としてのノウハウや強みを活かして、自社・他社を問わず、各種のネットワークサービスやクラウドサービスなどを、お預かりしたお客様のITシステムと連携させることが可能な環境を提供致します。

    MORE

  • 都市型と地方型、双方の強みを生かす。 アクセスにすぐれた、
    抜群のロケーション。

    札幌の都心にほど近い好立地。
    国内主要都市からのアクセスにすぐれ、
    出張などの際も、ビジネスをスムーズに
    進めることができます。
    現地での人材確保が容易なのも、
    都市圏ならではの強みです。

    地図 新千歳空港から札幌駅へ 1日114便が運行
  • 災害に遭うリスクが低いというメリット。 地震や台風などの
    万が一の災害時の
    対策に備えています。

    首都圏から札幌までは直線距離で約800km離れており、リスク分散のためのバックアップ拠点として、たいへん有効です。
    地震や台風、津波などの災害に見舞われる心配も、ほぼありません。

  • 今後30年間に、
    震度6弱以上の地震が
    発生する確率

    0.1~3%

    発生しない

    ※文部科学省研究開発局地震・防災研究課/地震調査研究推進本部 平成29年4月27日公表資料より

    台風接近回数の平年値

    北海道

    棒グラフ
    1.8

    関東甲信地方

    棒グラフ
    3.1

    近畿地方

    棒グラフ
    3.2

    九州北部地方

    棒グラフ
    3.2
  • 連動できないシステムはあなたの仕事を増やす。 柔軟な運用スタイルで、
    多彩なソリューションを提供。

    データセンターと組み合わせてお使いいただける、高速かつ高品質なネットワークサービスを用意しており、当社・他社のクラウドサービスなどとの連携もスムーズです。
    また、東京~札幌間は二重化した20Gbpsの事業用ネットワークで接続。東京に当社へのアクセスポイントを構えており、高速な通信環境が、距離をデメリットにしません。

  • LGWANならびにSINETとの接続により、 データセンターをご利用の自治体や大学などの 教育機関・研究機関のお客さまにフィットした IT環境が構築できます。

  • 複数キャリア・経路による
    通信回線の引き込みで、
    信頼性の高い冗長化された通信環境や
    マルチキャリア接続を実現。

  • 当社や他社のクラウドをはじめとした
    各種サービスとの連携による
    ハイブリッド環境を実現。

  • その他のネットワークサービスOTHER

    • HOTCN イーサアクセス

      イーサネットをアクセスラインとして帯域専有し、インターネット接続をおこなうサービスです。信頼性の高い接続性とコストメリットを両立。高速で安定したインターネット通信環境を手に入れたいお客さまにマッチします。1M~100Mbpsのご契約帯域をご用意しました。

      詳しくはこちら
    • イーサネット通信網サービス L2L

      HOTnet独自のイーサネット通信網を活用したサービスがL2Lです。多彩なプロトコルに対応し、各拠点間のLANを結んでWANを形成することができます。コストを抑えつつ、管理も容易。お客様ごとの完全なクローズドネットワークなので、セキュリティ面でも安心です。

      詳しくはこちら
    • バックボーン接続先

      HOTnetでは、以下の事業者ネットワークやIX(インターネット・エクスチェンジ)との相互接続をおこなっております。各相互接続先との通信帯域はトータルで5Gbpsにもおよび、多くのお客さまに快適なインターネット通信環境を提供しております。

  • ハウジングサービスと
    運用サービス

    データセンター選定の必須条件は、
    地震をはじめとする災害に
    堅固な強さを持っていること。
    万一、停電になった場合の備えも欠かせません。
    S.T.E.P 札幌データセンターは、
    あらゆる脅威に対する備えと
    万全のセキュリティを整えています。

  • 6つのポイントFUTURE of 6POINTS

    • 1
      震度7クラスの地震にも耐える、強靭な免震構造
    • 2
      1ラックあたり最大20kVAの電源供給。異なる変電所から本線・予備線の特別高圧2系統を受電
    • 3
      総床面積約1,500㎡のハウジングスペースに、42Uサーバラック約500架を収容。
    • 4
      72時間無給油で連続運転可能な自家発電装置や、UPS(無停電電源装置)を完備。
    • 5
      地下水を活用したフリークーリング併用の空調設備で、省エネルギー化を実現。
    • 6
      運用サービスにより、お客さまの業務負担を軽減し、効率的な運用体制を実現。
  • Tier4※準拠のセキュリティ基準SECURITY

    24時間365日の有人監視体制に加え、ICカード認証、生体認証をはじめとした7段階セキュリティ。

    ※日本データセンター協会(JDCC)が制定した「データセンターファシリティースタンダード」の中で定義されているデータセンターのサービスレベルを示す基準の最高値。

  • ハウジングサービスメニューHOUSING SERVICE MENU

    (以下、料金はすべて税別価格となります)

  • 項目 フルラック ハーフラック クォータラック
    提供ラック 初期費用 ¥180,000 ¥90,000 ¥60,000
    月額費用 ¥180,000 ¥120,000 ¥70,000
    ラック外寸 W:700(mm)
    D:1,200(mm)
    H:2,200(mm)
    W:700(mm)
    D:1,200(mm)
    H:1,100(mm)
    W:700(mm)
    D:1,200(mm)
    H:550(mm)
    有効マウントU数 42U 19U 8U
    生体認証による制御
    前面扉・背面扉 片開きメッシュ扉(開き角度:160°)
    機器搭載可能重量

    500kg以下

    (重量が超過する場合は応相談)

    200kg以下 100kg以下
    標準電源 ※2 2kVA
    (最大電源容量:20kVA)※1
    2kVA
    (最大電源容量:6kVA)
    1kVA
    (最大電源容量:2kVA)
    電源追加
    ※2,3,4
    初期費用 4kVA (200V 20A) ¥100,000
    2kVA (100V 20A)
    1kVA (100V 10A) ¥100,000
    月額費用 4kVA (200V 20A) ¥80,000
    2kVA (100V 20A) ¥40,000
    1kVA (100V 10A) ¥20,000

    ※1: 電源容量が10kVAを超過する場合は、事前協議の上での対応と致します。
    ※2: ご利用可能な電源容量は、定格の80%以下となります。
    ※3: 初回お申し込みと同時に電源追加される場合は、電源追加の初期費用を半額と致します。
    ※4: フルラックまたはハーフラックをご契約いただいているお客様で、1kVA単位での電源追加をご希望の場合は、営業担当者までお問い合わせ下さい。

  • 運用サービスメニューOPERATION SERVICE MENU

    (以下、料金はすべて税別価格となります)

  • メニュー 初期費用 月額費用 仕様
    定期巡視
    (ラック単位)
    日次巡視 フル
    ¥30,000
    ¥22,000
    ●1日1回 巡視を実施します。
    ●予め、お客様による作業手順書をご用意頂く必要がございます。
    ハーフ
    ¥15,000
    クォータ
    ¥10,000
    週次巡視 フル
    ¥6,000
    ●週1回 巡視を実施します。
    ●予め、お客様による作業手順書をご用意頂く必要がございます。
    ハーフ
    ¥3,500
    クォータ
    ¥2,000
    月次巡視 フル
    ¥2,000
    ●月1回 巡視を実施します。
    ●予め、お客様による作業手順書をご用意頂く必要がございます。
    ハーフ
    ¥1,500
    クォータ
    ¥1,000
    リモートハンズ
    (ラック単位)
    ¥30,000
    ¥5,000
    ●電源OFF/ON、LEDランプ確認、ケーブル抜き差し
    ●予め、お客様による作業手順書をご用意頂く必要がございます。

  • データセンター
    インテグレーション

    データセンター移設計画から実際の移設作業・運用まで、すべての段階の実務をトータルに支援致します。

  • 企画/コンサルティング

    ◆現状のITインフラの評価・調査
    ◆データセンター移設のコンサルティング
    ◆クラウドサービス活用のコンサルティング
    ◆BCP/DR対策のコンサルティング

    設計

    ◆データセンターにおける運用基盤設計
    ◆ネットワーク設計
    ◆クラウド環境の設計
    ◆システムやデータのバックアップシステム
     の設計

    移設/導入/環境構築

    ◆機器搬入支援
    ◆機器設置支援
    ◆サーバ構築支援
    ◆初期設定作業支援

    運用/保守

    ◆定期的な巡視
    ◆機器の状態監視
    ◆各種作業代行
    ◆定期レポート
    ◆障害発生時の一次対応

    撤去/廃棄

    ◆移設や撤去時の機器搬出支援
    ◆データ消去
    ◆ディスク破砕処分

    すべての段階の実務を
    トータルにサポート

  • サポート例Example of Support

  • データセンター移設支援

    オンプレミスまたは他のデータセンターで運用中のシステムを、S.T.E.P 札幌データセンターへ移設。業務スケジュールなど、お客さまの要件を満たす安全な移行計画を提案します。

    クラウド環境構築支援

    既存のシステムからS.T.E.P札幌データセンターに構築したプライベートクラウド環境への移行を設計段階からサポート。お客様のニーズにマッチした理想的な環境構築を実現します。

    ハイブリッドクラウド環境の構築
    支援(クラウドサービスとの連携)

    当社や他社のクラウドサービスとデータセンターのシステムとの連携が可能なハイブリッドクラウド環境をトータルに設計・構築・運用支援いたします。

    ハイブリッドクラウド環境の構築
    支援(オンプレミスとの連携)

    お客さまのオンプレミス環境とデータセンターのシステムとの連携が可能なハイブリッドクラウド環境をトータルに設計・構築・運用支援いたします。

    クラウドサービス構築支援

    S.T.E.P 札幌データセンターをご活用いただくことにより、お客さまが思い描くビジネスモデルやシステムにマッチしたアプリケーション、さらにはソリューションのクラウドサービス化をお手伝いいたします。

    仮想デスクトップ環境の構築支援

    S.T.E.P 札幌データセンターでは、リソースの有効活用やセキュリティ強化、ワークスタイル変革などを目的とした仮想デスクトップ環境の構築・運用もサポートいたします。

  • ケーススタディ

    データセンターの活用例を紹介します。

  • PREV NEXT
  • ホスピタリティ

    S.T.E.P札幌データセンターを訪問いただく際に長時間の作業でもリラックスして過ごしていただけるよう空間づくりにも力を入れています。

  • HOTnet Mail Magazine

    データセンターのケーススタディや各種ソリューションの導入事例など、
    お客様のIT活用にお役立て頂ける情報を定期的にお届けする
    メールマガジンを発行しています。配信のお申し込みを受付中です!